職歴・教職
 青春記・交遊録
ホーム > プロフィール > 青春記・交遊録

青春記

生い立ちから現在に至る、しまづ隆文のもうひとつの人物像。ふるさと、旅、死生観、文筆やマスコミへの関わりなどを語る。
 わが青春の軌跡 都政研究 2006.10より

交遊録

私のことを知っている方々から、メッセージをいただきました。私のもうひとつの人となりをご覧いただければと思います。

海沼 美智子 〜音羽ゆりかご会会長

ゆりかご会は、1980年にNYと東京の姉妹都市交流事業としてカーネギーホールでの子供たちの音楽会をやりました。その成功は駐在員だった嶋津さんの尽力によったものと思っています。

加藤 諦三 〜作家・早大教授

私の早稲田での教え子の第一号です。学生時代から積極的でしたね。いまは青少年の健全育成に一所懸命のようです。

黒川 紀章 〜建築家・日本景観学会会長

彼は国立の街が大好きだと言っている。しかしそれは、僕が妻の若尾文子を愛する度合いと比べたら叶いっこないでしょう。ハハ。

唐十郎 〜劇団唐組

「秘密の花園」や「透明人間」の上演に際し、野外テントの場所探しにとても協力してくれた。舞台には理解がありありがたいですよ。

アドレス・シュタインベルグ 〜ベルリン州(元)特別顧問

10数年ほど前に東西の壁が崩れたあとベルリンと東京は姉妹都市となりました。その締結が成功したのも、常に市民による国際交流を大切にした彼の熱意によるところが大きいです。

川井 健 〜(元)一橋学長

都庁で一緒に仕事をしました。企画力と気配りのある行政マンです。

朱建栄 〜東洋学園大学教授・華人教授会会長

明朗な性格でアジアへの関心も高く、外国人留学生を積極的に支援しており、日本と中国・アジアとの友情のためにとても必要な人です。

奥島 孝康 〜前早大総長

早稲田では時代の変化に適合するよう、この間大学革命に懸命に取り組んできた。しまづくんもまた同時代に行政マンとして多くのことを学んでいるはずだ。その経験を踏まえ国立の街の未来に夢を描いてくれるに違いないと確信している。