最近の著書研究等
 平成26年度
 平成25年度
 平成24年度
 平成23年度
 平成22年度
 平成21年度
 平成20年度
 平成19年度以前
ホーム > 著書研究等 > 平成23年度
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。最新版を推奨します。

これまでの著書・研究

平成23年度

「山本雄二郎追悼集」 副題:大空と大地を見つめて

「「山本雄二郎追悼集」 副題:大空と大地を見つめて 山本雄二郎先生追悼・編集委員会                  
平成23年10月1日発行                    
定価:1,000円 146頁

成田問題の収束に尽力した山本雄二郎先生の追悼集。国交省、反対同盟、各自治体関係者など40人余の人たちが先生の功績をたたえる。この編集作業に編集長として参画した。

「カネよりもチエとセンスで人を呼び込め!」(東京法令出版)

「カネよりもチエとセンスで人を呼び込め!」(東京法令出版) 単行本として平成23年6月に上梓。
出版社: 東京法令出版
定価:2,730円(税込) 296頁 A5版

地域発!観光まちづくり最前線。観光で交流人口を獲得するためのヒントが詰まった1冊!
全国の観光まちづくりの取組みを紹介するもので、取り上げた事例はほぼ40。松蔭大同僚の鷲尾裕子との共著です。

「今月の視点」(月刊「地方財務」7月号:ぎょうせい)

「今月の視点」(月刊「地方財務」:ぎょうせい) 市長選で問われた「首長の権限・責任」と「住民訴訟制度」

平成23年4月に行われた国立市長選の、最大の争点となった住基ネット切断行為と明和マンション損賠賠償事件の最終決着の状況を解説したもの。「市長選で問われた「首長の権限・責任」と「住民訴訟制度」」とし、併せて現行住民参加制度の問題点を指摘した。